読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙観測グループ

宇宙的恐怖の観測及び遭遇した場合の予測される被害と恩恵による人間の取るべき対策とそのための手順を練る会議を行う。

シナリオの作り方―ルーカスの場合―2

続きです。こっから本格的に説明しますね。

また注意ですが、ルーカスがCOCしかシナリオを作ったことがないため、少なからずCOCの話が出てきます。他のシステムで作る、という方にはあまりお勧めできません。その場合は、他のシナリオの作り方を参照することをお勧めします。

 01・シナリオ制作手順

 流れとしては以下のとおり

 構想

 ↓

 プロット組み立て

 ↓

 各プロットに情報をいれる

 ↓

 描写や詳細情報をいれ形にする

 ↓

 完成!!

 構想は00で話したアイデアのことですね。ということで、プロットから話したいと思います。

 

 02・プロット作成

 ざっくりとしたもので構いません。導入から作り、情報が出そうなシーン、重要なシーンを順に書いていきます。箇条書きで構いません。最後にサンプルを投稿しますが、それに載っているプロットはエンドとかかれたもの含めて6項目でした。

 パワーポイントの2枚目にプロットを書きます。目次として使う感じですね。

 紙とペンなら、最初のページに書いてみたらいいと思います。

 次の手順で、ここで作ったプロットを参照しますので。

 

 03・情報を入れる

 恐らくここが工夫したところです()

 まず、パワーポイントならスライドに

 【プロット名(何番か)】を見出しに書きます。その下に以下の3つの情報を小さくテキストで打ちます。

  ・場所

  ・登場NPC

  ・概要

 場所は言わずもがな、その情報がどこで手に入るかです。登場NPCも同様。ここで書きだしておくと、ロールプレイするときにどのNPCがいるかが一目で分かります。

 概要ですが、シーンの説明でしょうか。このプロットではこんなことが起こります、など自分に分かるように書けばよいと思います。詳しいことは最後のサンプルシナリオで確認して下さい。

 紙とペンの人は、上に大きく見出しと、その下に箇条書きで同じことを書きます。

 

 次は情報をいれます。情報といっても3つありますね。それぞれテキストボックスで区切り、枠の色などを変えてみると分かりやすいと思います。

 ・情報……本などアイテムからの情報。

 ・会話情報……NPCからの情報。台詞例もここで簡単に入れちゃえば楽かも?

 ・KP情報……KPしか知らない情報。主に知識の補足や裏話です。勿論、技能など

       を使って出せそうな情報なら出しても構わないと思います。

 紙とペンの人は、付箋を使ってみるのはどうでしょう?後でこの情報はいらないな、だとか、このシーンで出すべき情報ではなかった。ということがあった場合、整理が楽だと思います。

 

 また、描写をスライド上に書き、情報をパワーポイントのノートに記載するというのも良いと思います。

 ルーカスの場合は、情報(描写も書けるところあれば書く)をスライド上に書き、詳しい描写や、詳細な情報をノートに書き足しました。また作っている最中で「追加するべき情報だけれど今は思いつかない」というメモをノートに書いたりしました。

 

 一旦ここまで。次で最後です。纏めと参考のサンプルシナリオを載せます。