読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙観測グループ

宇宙的恐怖の観測及び遭遇した場合の予測される被害と恩恵による人間の取るべき対策とそのための手順を練る会議を行う。

ひつじ卓DX3「正しさを乞う」 リプレイログ オープニングフェイズ②

GM:シーン3:≪ヴァルツァー≫

GM:扉さんががたがた言っているころ。

GM:及川君は、副支部長から、「話があるから、ちょっと来てくれないか」と呼びだされ、支部にやってきていました。

GM:及川君、登場お願いしますー

及川深代:了解です!

GM:この支部は高層オフィスビルの中階層の数階を借り受けており、窓際からは街が見渡せる。

GM:あなたは廊下の途中、窓際に佇んで、そんな風景を眺めている風間を見つけた。

風間朱理:「……」

及川深代:空気を読まずに話しかけます。

及川深代:「や、朱理も来てたんだ」

風間朱理:「ん……深代か。んーまあ、俺、ここに住んでるし」

GM:彼はどこかぼやっとしているような印象を受けますね。心ここにあらず、というか。

及川深代:「知ってるよ。何年友達やってると思ってるんだ」と苦笑。

及川深代:「......何かあったの?」

風間朱理:「あ、そうだよな、悪い」

風間朱理:「……いや、ちょっと、考えてて」

風間朱理:「なあ深代、正しさ、ってなんだろうな」

GM:言ってから、彼は首を振ります。

風間朱理:「いや、なんでもない。忘れてくれ」

風間朱理:「心配してくれてありがとな。でも、大丈夫だからさ」

及川深代:「......辛くなったら、いつだって頼ってくれていいからね」

風間朱理:「……うん。いつも、ありがとな」

GM:風間はどこか、泣きそうな表情をしているようにも見えましたね。

及川深代:「……そうは言ったものの、心配はするよね」と小声でつぶやく。

風間朱理:「……悪い、深代。ちょっと用がある奴がいるから、行くわ」

GM:聞こえたのか聞こえなかったのか、風間は及川君とすれ違うように、エレベーターに向かいますね。

及川深代:「うん。何があるのか知らないけど、気を付けてね」

風間朱理:「……ん」

GM:一瞬、彼は足を止めて、そのまま歩き去ります。

GM:彼が去った後、あなたの背後、廊下の奥のほうから、副支部長がやってきましたね。

副支部長:「ああ、及川君。悪いな、呼びだしちゃって」

及川深代:「こんにちは。いえ、いつもお世話になってますから。それで副支部長、話とは……?」

副支部長:「……それについては、あとでな。さ、こっちだ」

GM:そういって、彼は先導してあるきだしますね。

及川深代:ついていきます。

GM:このあたりでシーンを終了でいいでしょうか……?

及川深代:僕はだいじょうぶですっ

GM:OKです!

GM:ではでは、お疲れ様ですー

GM:オープニング最後ですね!

 

GM:シーン4:≪エピゴーネン

GM:支部の一室。あなたは、ここに来る前の、ある日のことを思い返していた。

GM:「君は他者の記憶を持ち、他人を騙る存在だ。私はそういった、間違った存在を許すことはできない」

GM:少女の声。そしてあなたを襲う、血の嵐。

GM:あなたがレネゲイドビーイングとして目覚め、彷徨っていた時に受けた、襲撃だ。

GM:どうにか逃げおおせ、記憶を頼りにたどり着いた小学校で、あなたは別のレネゲイドビーイングに出会い、その導きもあってここに保護されることとなった。

GM:(小学校のRBはお察しの通り、扉さんです)

神宮ゆうり:(了解)

GM:けれど、あのときの声は、心の奥底に張り付いたように残っている。

GM:「間違った存在」とあなたを指した、あの言葉は……

GM: 

GM: 

GM:不意に、コンコン、とノックの音がした。

風間朱理:「風間だけど、入ってもいいかな?」

神宮ゆうり:「……」

神宮ゆうり:「『あぁ、風間君か。どうぞ』」

風間朱理:「……うん、じゃあ入るね」

神宮ゆうり:「『遠慮しなくていいさ。君と私の仲だろう?』」

GM:風間はゆっくりとドアを開けますね。でも、部屋にはあんまり入る気はないみたい。

風間朱理:「……そう、だね。俺ときみの仲か」

風間朱理:「今日、時間大丈夫? そっちさえよければなんだけど、ふらっと出歩かない?」

神宮ゆうり:「『もちろんさ。何もすることはないからね』」

風間朱理:「よかった。普段、一人じゃ外出れないんだよね。息詰まっちゃわないかな、って思ってさ」

神宮ゆうり:「『はは、相変わらずきみは優しい。そういうところは大変好ましいよ。どうもありがとう』」

風間朱理:「……ほんとに、そっくりだよ」と、小声でつぶやきます。

神宮ゆうり:「……?」

風間朱理:「準備、時間かかる?」

神宮ゆうり:「『あぁ、少し待っていてくれないかな。すぐ準備するよ』」

風間朱理:「わかった、じゃあ待ってるよ」

風間朱理:風間はぎこちなく微笑んで、ドアを閉めます。

GM:ではシーン終了、OP終了です!

GM:おつかれさまです—!

神宮ゆうり:はーい!

GM:このままミドルに入っていきますが、OKです?

神宮ゆうり:おkです