読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙観測グループ

宇宙的恐怖の観測及び遭遇した場合の予測される被害と恩恵による人間の取るべき対策とそのための手順を練る会議を行う。

ひつじ卓DX3「正しさを乞う」 リプレイログ ミドルフェイズ⑥

GMひつじ ダブルクロス 正しさを乞う

GM:シーン12:正しき世界を

GM:皆さんは、調べた情報を頼りに、住宅街を歩いています。

GM:神崎の家まで、もうすぐ……と言ったところですね。

GM:シークレットダイス

GM:みなさん、≪知覚≫をどうぞ

GM:扉さんは

GM:達成値+2でいいです

齋藤:おおー

:お?やったあ

GM:ほかの皆さんも知覚どうぞ—

 

神宮ゆうり:4dx+1 知覚DoubleCross : (4R10+1[10]) → 10[1,3,7,10]+1[1]+1 → 12

齋藤:2dx 知覚判定DoubleCross : (2R10[10]) → 7[1,7] → 7

:3dx+2 知覚DoubleCross : (3R10+2[10]) → 5[3,5,5]+2 → 7

及川深代:2dx 知覚DoubleCross : (2R10[10]) → 10[7,10]+5[5] → 15

 

GM:及川君すご

GM:S6dxDoubleCross : (6R10[10]) → 10[2,4,6,7,8,10]+1[1] → 11

GM:では、エピちゃんと及川君

及川深代:はーい

神宮ゆうり:はい

GM:知覚のアパートの屋根の上に、一人の少女が腰かけているのに気づきます。

GM:少女は目が合ったとわかると、へえ、というような顔をしますね。

及川深代:「……あいつは」と睨む。

神宮ゆうり:「………」

GM:及川君は、その少女が来ている制服が、自分の高校の女子制服であるとわかるでしょう。というか、彼女自身を見かけたことがあるかもしれませんね。

???:「おやおや」

GM:声を立てたことで、失敗したお二人も気づくでしょう

GM:彼女の≪不可視の領域≫が解除されます。

GM:彼女は屋根の上に腰かけたまま、皆さんを見降ろしていますね。

齋藤:「……?」と先生は少女の存在に気づきますがよくわかってません

神宮ゆうり:「……貴方は」

齋藤:「及川、知り合い?」とか言ってます

及川深代:「……神崎真琴」

齋藤:「……!!」さすがの先生も察します

???:「おや、そっちにいるのは及川くんだね。はじめまして、かな」

及川深代:「あんたと朱理が会っていたことは知ってる」

神崎真琴:「へえ、もうそこまで調べたのか。お前たちは優秀みたいだな」

神崎真琴:神崎は屋根の上で笑いますね。

及川深代:「……一体、朱理に何を吹き込んだ?」

神崎真琴:「吹き込む、だなんて人聞きの悪いことを言わないでくれ。私は風間くんを受け入れ、彼は私の思想に同調した。いわば、同志だよ」

及川深代:「質問に答えろ。あんたの目的はなんだ」

神崎真琴:「おや、そこまでは調べていないのかい?」

:「同士か、それは素晴らしきかな。……「化け物」と呼ばれる存在を出させぬため、世界に真実を、か。」

神崎真琴:「私の目的は、正しき世界を作ること。世界にオーヴァードの存在という真実をもたらし、新たなる秩序を構成すること」

神宮ゆうり:「……私達も、オーヴァードです」

神崎真琴:「……あえて、あなたも人の姿をとるのですね。誇り高きレネゲイド」

神宮ゆうり:「……えぇ、私は、私ですから」

及川深代:「あんたのその目的が朱理になんの関係があるんだ」

:「ぬしの真実、傷の舐めあいの果てに滅びぬとよいなあ……わしは扉故なあ。不便もあるだろう?」

神崎真琴:「……そうですか。あなた方は、人が、どういった思いであなた方を見るか、わからないのですね」

:「ふむ。ならば聞かせてもらえぬか」

神崎真琴:「これは、私怨なのかもしれませんが」

神崎真琴:「わたしたち人間を≪化け物≫たらしめているのは、あなた方レネゲイドです」

:「ははは、「化け物」の一言に尽きるだろうか。なればどちらが化け物やもわからぬなあ」

神宮ゆうり:「……どういう、ことですか」

神崎真琴:「そのあなたがたが、あろうことか人間の真似事をしていることが、私にはひどく歪んで見える」

神崎真琴:「……すべてのものは、全て正しき姿であるべきです。その姿で受け入れられるべきです」

:ふむ……扉の姿に戻って一般の人に見えないようにできます?

GM:できますよー

:では一度そうして

:「ならばこの状態は歪まぬと?」

神崎真琴:「……ええ。私はそれは、誇り高き姿だと考えます」

:「人からすれば、「異端」ととらえられようぞ」

及川深代:「そんなの人の勝手だ。神宮さんも、扉さんもあんたに否定される筋合いはない」

神崎真琴:「ええ、ですから私は、私の勝手を貫こうとしているのですよ」

神崎真琴:「この世界の『勝手』は、人を簡単に化け物にする。あなたはそうは思いませんか、及川くん」

神宮ゆうり:(……)

齋藤:「……わからないな。おれにはあんたの理屈はわからないよ」

齋藤:「扉さんは人間じゃないかもしれない。扉さんはちょっと——いやだいぶ——むしろかなり——変わったナリをしちゃあいるが、いい人だ」

齋藤:「及川のいうことのほうがよほど筋が通ってる。あんたの勝手に、巻き込まれる筋ぁないだろう」

神崎真琴:「……あなたは確か、風間くんの先生でしたね」

齋藤:「おう。よく知ってるな。今じゃしがない警備員だが、今も昔も朱理の先生だ」

神崎真琴:「その容姿や外見で、この世界ではさぞ、生きづらいのではないかと思いますが」

齋藤:「そうでもないさ。中身で判断してくれる仲間が、けっこういるものでね」と、及川くん、神宮さん、扉さんをチラッと見ます

神崎真琴:「……うらやましいことです」

齋藤:「だろうな。人気者はつらいぜ」

神崎真琴:「ですが、誰もがあなたのように、恵まれているわけではない。私には、そういった仲間は、だれひとりとしていなかった」

及川深代:「僕の弟だってそうだった。でもあいつはあんたみたいな勝手な奴じゃない」

及川深代:「僕はそんなあいつに憧れたんだ。あいつを否定するようなあんたを見過ごすわけにはいかない」

:「恵まれている、か、いやいや。わしは否定はせぬぞ?ははは、よいよい。その志は実に良い。しかしなあ…」

:「わしはぬしにも興味がある。一つ良いか?」

神崎真琴:「……なんでしょう、誇り高き者よ」

:「なればおぬしの言う「正しい世界」とは実に孤独なものよと思ってなあ」

神崎真琴:「……孤独、ですか」

:「さよう。そのままを晒し、理解し合えるのは。…人ならではであり現状ですら「化け物」が生まれるのであれば、

:自分とは違うものを恐れ、あるいは強大な力を恐れ、今以上にぬしには近寄るものがいなくなるだろうなあ」

:「それが正しいとするか?」

:「わしは否定こそせぬがなあ」

:「全てを晒すことこそ、偽りに近づくものよ」

神崎真琴:「……確かに、人は自らと違うもの、そして力あるものを恐れます」

神崎真琴:「あなたの言うように、私の理想は、稚拙で間違ったものかもしれない。ですが」

神崎真琴:「ですが、声を上げなければ、何が変わることもない。世界は真実に、目を閉ざしたままでしょう」

:「さようか。…よいよい。」

:「実に良いぞ」

神崎真琴:「……話は、おしまいでしょうか」

:「わしからは聞きたいことは聞いたのでなあ」

齋藤:「タダで朱理の顔貸してくれる……って雰囲気でもなさそうだな」

神崎真琴:「ええ。私はあなた方の想いの想いの強さを、測りに来たのですよ」

齋藤:「想いを測りに来た、か……。朱理を連れ戻したい、ってな想いならば、おれもそうだが……今はこいつのがやべえぞ?なぁ及川」

及川深代:「……あんたが勝手を通すなら、僕も勝手であんたを止めるまでだ」

神宮ゆうり:「私は……神宮ゆうりです。この記憶は、この思いは、誰であっても歪んだものだとは言わせません」

GM:≪ワーディング≫が重なる。

GM:微かに、空気に血の匂い。

神崎真琴:「……その力、私に示してみなさい」

GM:ということで、戦闘開始です!

齋藤:ヒョエエエー

GM:神崎の「ロイス」は

GM:神崎自身のロイスではなく、Eロイスの数です

齋藤:5個……!!

GM:それでは、セットアッププロセス!

GM:なにかありますか!

齋藤:先生はなーーしです

神宮ゆうり:なしです

及川深代:とりあえず《虚無の城壁》しときますかね

:んんんんんんんんんんんんんんんん……まだ前菜ならなしでいいかな…

GM:それではイニシアチブ

齋藤:先生なしです!

神宮ゆうり:なし

:なしでー

及川深代:ないですん

GM:何もなければ神崎の行動です

GM:1d4DoubleCross : (1D4) → 1

GM:マイナーマイナー【絶対の空間】

GM:攻撃時ダイスを増やします

GM:メジャー2(対象複数)【コンセントレイト・BS】【血族】【蝕む赤】【棘の戒め】【要の陣形】

GM:命中で邪毒、ダメージで硬直の攻撃を、先生以外に行います

GM:11dx+2@7DoubleCross : (11R10+2[7]) → 10[2,2,5,5,6,7,7,8,9,10,10]+10[1,1,2,6,9,9]+10[3,9]+4[4]+2 → 36

GM:ふむ

GM:エピちゃん、及川くん、扉さんはリアクションをどうぞ

GMカバーリングもできます

GM:足元から生じた鋭い血の棘が、皆さんの身体を締め付けようとおそいか襲い掛かります!

及川深代:エピちゃんをカバー!

及川深代:《崩れずの群れ》

GM:OK,及川君はガードをどうぞ!とびらさんはワンチャンドッジします?

:ですな!

:2dx+1かな?

GM:ですね!

:じゃあ一応振ろう!

:2dx+1 ワンチャンドッジDoubleCross : (2R10+1[10]) → 7[3,7]+1 → 8

及川深代:グラビティガードも宣言かな

及川深代:《グラビティガード》

GM:ガード値の算出をどうぞ!

及川深代:3d10DoubleCross : (3D10) → 18[6,6,6] → 18

GM:36点か!

及川深代:ですね!

GM:ダメージロールいきます

GM:4d10+4DoubleCross : (4D10+4) → 17[3,5,4,5]+4 → 21

GM:では扉さんは21ダメージ

:1たえた!

神宮ゆうり:1耐えた!

GM:及川君は42-36で、6ダメージですね

GM:おいかわくんかっった

及川深代:「あんたに仲間は殺らせないよ」

神崎真琴:「なるほど、口だけではないようですね」

神宮ゆうり:「及川君……!」

齋藤:「よし及川ナイスディフェンスだ。さすがだな!」って褒めてます

GM:では、続いてPCの行動です

神宮ゆうり:僕ですな?

GM:どうぞ!

神宮ゆうり:〈マイナーアクション〉

神宮ゆうり:《ハンドレッドガンズ》+《ダブルクリエイト》武器作成

神宮ゆうり:〈メジャーアクション〉

神宮ゆうり:《コンセントレイト:ノイマン》+《マルチウェポン》+《コンバットシステム》

神宮ゆうり:8dx+4@8DoubleCross : (8R10+4[8]) → 10[2,4,5,9,9,9,10,10]+10[6,7,7,8,9]+7[4,7]+4 → 31

GM:ほう!

神宮ゆうり:次はカウンターいけるな

神宮ゆうり:「……これが私の想いです。『さぁ、受け止めきれるかな?』」

神崎真琴:神崎は≪イベイジョン≫、しかし達成値に届きませんね。

神崎真琴:「……来なさい、想いを抱くものよ。わたしはその想いを叫ぶことは否定しない」

神宮ゆうり:4d10+12 ダメージDoubleCross : (4D10+12) → 26[4,10,8,4]+12 → 38

神宮ゆうり:(あってる?)

GM:華があるから+1d10

神宮ゆうり:1d10DoubleCross : (1D10) → 1

神宮ゆうり:くそ

GM:では39点

GM:銃弾は神崎の肩を貫きます。流れた血は、彼女の足元で、再び棘のように姿を変えます。

GM:さて、あとのおふた方は……

齋藤:はい、ではマイナー

齋藤:下半身だけ完全獣化!齋藤閂の侵蝕率を+6した

齋藤:ついでマイナー

齋藤:あ、イオノクラフトで5mno

齋藤:5mこえられますか?

GM:いけます!

齋藤:じゃあイオノクラフト!

齋藤:腰にやさしいイオノクラフト!齋藤閂の侵蝕率を+1した

齋藤:そいで、発射形態に変形

齋藤:なんかすごいビームを発射します!!

神崎真琴:「……来なさい」

齋藤:《コンセントレイト》+《サイバーアーム》+《獣の力》+《神獣撃》齋藤閂の侵蝕率を+6した

齋藤:13dx+1@8 完全獣化+獣の力+コンセントレイト+神獣撃 《なんかすごいビーム》 侵蝕率+6 攻撃力+5d+18DoubleCross : (13R10+1[8]) → 10[1,4,4,4,5,5,6,7,8,10,10,10,10]+6[1,2,4,5,6]+1 → 17

齋藤:悲惨

GM:まってまって

GM:達成値+10ですよ

GM:華忘れてる

齋藤:おお、じゃあ達成値27

:(パタン!)

GM:それでは回避ですが、

GM:≪イベイジョン≫で届かないため、命中ですね

GM:ダメージをどうぞ!

齋藤:3d10+5d10+18DoubleCross : (3D10+5D10+18) → 16[3,5,8]+33[7,1,8,8,9]+18 → 67

GM:やっぱすごいなぁ

齋藤:「なんかすごいビーム、発射ァーーーー!!!!」

神崎真琴:「ぐっ……」

齋藤:高圧圧縮されたキュマイラ体液を、砲台と化したサイボーグ身体に集めて発射する必殺技です

GM:神崎はそれをかわすことができず、全身に食らい、地面に膝をつきますね。

GM:戦闘終了です!

齋藤:あっおわった

神宮ゆうり:おお

:おお!

神崎真琴:「なるほど」

GM:しかし、立ち上がった神崎は余裕そうです。

GM:【蘇生復活】

齋藤:「くっ、最近の子はよくわからんな……!!余裕ぶりやがって、こっちはもう下半身ガクガクだぞ」

神崎真琴:「想いを確かに見せてもらったよ」

神宮ゆうり:「それで、まだ、歪んでるって言うのですか」

及川深代:「……まだやるか?」

齋藤:「そいつは光栄だな。で、朱理には会わせてくれるのか?」

神崎真琴:「いえ。ここは一度、退かせていただきます」

神崎真琴:「彼からの伝言を伝えましょう。皆と出会ったあの場所の、屋上で待っている……私を失望させないでくださいね、皆さん」

齋藤:「屋上、ね……」

:「…………さようか。では貴殿への敬意を表し、このままで向かうとしよう」何か考えてますね

及川深代:「……朱理、待ってろよ」

神宮ゆうり:「! ………あの場所」

神崎真琴:「あなたの想いは、確かにわかりました。その存在が歪んでいるとは言わない。けれど、わたしの想いとあなたの想いは、相反するものです」

GM:神崎はエピちゃんにそういいますね。

神宮ゆうり:「……そうですね。いずれ、またどこかで決着をつけるときがくるでしょう」

神崎真琴:「ええ。それでは、私も皆さんを待つとしましょう」

GM:【瞬間退場】

GM:空間が歪む——かと思うと、もうその姿は、消え失せていました。

GM:…

GM:…

GM:1d2DoubleCross : (1D2) → 1

GM:彼女が消えてすぐ、先生の電話が鳴りますね。

齋藤:えっ、出ます

副支部長:「もしもし、私です」

齋藤:「……もしもし、齋藤ですが」

齋藤:「副支部長、いかがなされました?」

副支部長:「先生、支部に戻ってもらうことは可能ですか? あの子の自室から、手紙が見つかりました」

齋藤:「手紙……!!」

副支部長:「みなさんにも、目を通していただきたい」

齋藤:「承知しました。こちらも一段落付いたところです。急ぎで旗艦しましょう」

齋藤:「皆、聞こえてたな?支部に戻るぞ」

:トランクぽいっと扉から出します

GM:すごいとこにしまってるw

:2d10 回復ーDoubleCross : (2D10) → 8[5,3] → 8

及川深代:「あ、医療トランク!流石です扉さん!」

及川深代:2d10 回復DoubleCross : (2D10) → 15[9,6] → 15

神宮ゆうり:「私も使っていいですか?」

:「四次元扉故なあ。皆も治すといい」

神宮ゆうり:「ありがとう」

神宮ゆうり:2d10 回復DoubleCross : (2D10) → 13[3,10] → 13