読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙観測グループ

宇宙的恐怖の観測及び遭遇した場合の予測される被害と恩恵による人間の取るべき対策とそのための手順を練る会議を行う。

ひつじ卓DX3「正しさを乞う」 リプレイログ クライマックスフェイズ①

GMひつじ ダブルクロス 正しさを乞う

~クライマックスフェイズ~

GM:シーン14:正しさを乞う

GM:ひのき小学校、屋上。

GM:時刻は夕暮れ時、辺りに人の気配はない。

GM:≪ワーディング≫に微かに混じる、血の匂い。

GM:あなたたちは、そこにいた。

風間朱理:「……待ってました」

及川深代:「……朱理」

神宮ゆうり:「……風間くん」

齋藤:「そうかい。歓迎するには、少々表情が剣呑な気がするがね、風間」

風間朱理:「……歓迎するつもりは、ありません」

齋藤:「つれないなァ」

GM:彼の背後には、静かに神崎も佇んでいますね。

及川深代:「……手紙、読んだよ」

風間朱理:「……そっか。じゃあ、わかってくれよ」

神宮ゆうり:「……わからない、わからないです」

神宮ゆうり:「正しいって、なんですか。間違ってるって、なんですか」

風間朱理:「……」

神宮ゆうり:「……風間くんは、人間です。私と同じなんです。だから」

神宮ゆうり:「だから……」

風間朱理:「やめてくれ」

風間朱理:「俺はあんたらとは違う、化け物として生まれた、化け物だ……元から、偽物の人間なんだよ」

GM:風間は、きっ、と皆さんを睨み付けます。

風間朱理:「……もう、嘘はたくさんなんだ」

風間朱理:「 オーヴァードの存在を隠して、世界の平和を守る、UGNなんてところにはこれ以上いられない」

風間朱理:「だから、俺はあんたらを殺す。嘘だらけの日常に身を置いて、化け物の力でそれを守ろうとするあんたらと……」

風間朱理:「裏切り者<ダブルクロス>と、決別するために……!」

GM:1d10DoubleCross : (1D10) → 1

GM:風間登場侵蝕 +1

齋藤:「あーあー。最近の子はすぐ《殺す》とか言う。良くないぞ、朱理」

齋藤:「大人ってもんを見せてやる。覚悟しとけ」

及川深代:「僕を殺したら、今度こそ朱理は後戻りできなくなる」

及川深代:「僕だけじゃない、みんな死なせない。君に殺されてやるほど、優しくないよ」

神宮ゆうり:「……やっぱり、何も違わない。私は、神宮ゆうり……の仮面です。化け物として生まれた、化け物です。貴方の言ったように、私は、貴方の知る神宮ゆうりとしては偽物です」

神宮ゆうり:「ですが、それでも。私は私なのです。貴方が貴方であるように!」

:「では……人類の末端である君の信念とやら、みせてもらおう」

GM:それでは、戦闘開始です——!

齋藤:「さぁて、じゃ、やりますか。大人としての責務ってやつをね」「扉さん、背中は任せます。子供らを守ってやってください」「神宮、一緒に行こう。風間の目を覚ましに行くぞ」「及川、守りは任せた。お前がいるから、俺は風間を殴りに行ける。頼むぞ」

齋藤:って言って最後まで行動しない

GM:それでは、セットアップ!

風間朱理:【スピードスター】【異形への変貌】

風間朱理:【異形への変貌】

風間朱理:の効果により、侵蝕率によるダイス増加が倍に

風間朱理:【スピードスター】により、攻撃力+行動値、リアクション不可

神崎真琴:【異形への変貌】

風間朱理:「……手を出すなよ、神崎」

神崎真琴:「手は出しませんが、手伝いはさせていただきましょう」

及川深代:《虚無の城壁》

GM:セットアップOKですか!

神宮ゆうり:おkです

:おkですな

齋藤:おkです!

GM:では、イニシアチブプロセス

神崎真琴:【加速する刻】

GM:神崎が行動に割り込みます。

神崎真琴:マイナー【絶対の空間】【赫き剣】【破壊の血】

GM:掲げた手の中に、自らの血が集まり、剣となる。

GM:そしてそれを指揮棒のように振り、皆さんに向けます。

神崎真琴:「……縛れ、鮮血の鎖」

神崎真琴:メジャー【コンセントレイト・BS】【鮮血の鎖】【棘の戒め】【蝕む赤】【鮮血の網】【縛鎖の空間】【血の宴】

GM:ダメージなしですが、命中で次行動C値+1、邪毒LV3、硬直、重圧、放心となります

GM:PC全員のエンケージ対象です

及川深代:うげええ

及川深代:これもしかして

神宮ゆうり:はぁ

齋藤:ひえっ

神宮ゆうり:まじか!!

GM:エフェクトありますか?

及川深代:「みんなの邪魔はさせない!!」Dロイス<守護者>

GM:ふむ、よいでしょう

GM:14dx+2@7DoubleCross : (14R10+2[7]) → 10[1,2,2,3,3,3,4,4,4,5,5,6,8,8]+10[8,10]+10[7,10]+10[7,10]+2[2,2]+2 → 44

GM:ガードは意味なしですが、ドッジしますか?

及川深代:一応判定だけ

及川深代:2dxDoubleCross : (2R10[10]) → 10[2,10]+3[3] → 13

GM:神崎の手から放たれた鮮血の鎖は、しかし、皆をかばうように立った及川くんのみに収束します。

神崎真琴:「へえ、面白い……!」

及川深代:「守ってみせる……!これは僕の覚悟だ!」

神宮ゆうり:「及川君……!」

齋藤:「っ、及川!」

齋藤:「男の子だなァ、及川……!!」

:「…なんと」

GM:それでは、イニシアチブ!

GM:風間の行動です!

風間朱理:【インフィニティウェポン】【ダブルクリエイト】【影走り】【火の檻】

GM:風間の掲げた手に、対の剣。

GM:そこに炎をまとわせて、風間は貴方達に肉薄する。

風間朱理:「——行きます」

GM:皆さんのエンケージは封鎖され、離脱することが不可能になります。

GM:≪火の檻≫のこうかですね。

風間朱理:メジャー【コンセントレイト・サラマンダー】【マルチウェポン】【炎の刃】【ギガンティックモード】

GM:炎は舞い、皆さんに襲い掛かります。

GM:エフェクトがなければ判定します、いいですか?

GM:範囲攻撃ですね

齋藤:わたしはないです!

神宮ゆうり:なし

:ないですな

GM:では、判定時——

風間朱理:「深代、厚かましいかもしれないけど、俺は今でも、お前のことを親友だと思ってる」

風間朱理:「だけど……だからこそ」

風間朱理:「俺はお前を、超えていかなきゃいけない」

風間朱理:ロイス≪及川深代≫→タイタスに。

風間朱理:そしてそれを昇華、C値-1!

GM:13dx-1@6DoubleCross : (13R10-1[6]) → 10[2,3,4,4,4,5,6,8,8,8,9,9,10]+10[1,3,4,6,7,8,8]+10[1,2,6,7]+10[5,8]+2[2]-1 → 41

GM:リアクションどうぞ!

齋藤:9dx+1 回避判定DoubleCross : (9R10+1[10]) → 10[4,5,5,6,6,7,8,10,10]+9[9,9]+1 → 20

齋藤:まぁうん

齋藤:死にます

及川深代:エピちゃんをカバーします!

GM:崩れずの群れどうぞ!

及川深代:《崩れずの群れ》

及川深代:《グラビティガード》

GM:では扉さんドッジどうぞ!

:3dx+1 ドッジDoubleCross : (3R10+1[10]) → 6[1,2,6]+1 → 7

:はい。

GM:ダメージ!

風間朱理:5d10+4+16+16DoubleCross : (5D10+4+16+16) → 30[4,4,2,10,10]+4+16+16 → 66

齋藤:はい即死です

:ウッス(・₋・)

GM:及川くん132

GM:さすがに死ぬ?

及川深代:シニマス

神宮ゆうり:ごめんね……!

GM:では、風間の一撃により、皆さんは倒れ伏します——一人を除いて。

神宮ゆうり:「……風間くん」

風間朱理:「……俺は俺、お前はお前だとしたら、神宮はどこにいけばいい」

神宮ゆうり:「……知っているでしょう。貴方の、私の心の中に、です!」

風間朱理:「……っ!」

GM:倒れた方はリザレクトかロイスによる復活をどうぞ!

:リザレクですなわし?

及川深代:《リザレクト》

齋藤:ロイスきってふっかつしますぅ

GM:ロイス切って復活、どうぞ!

齋藤:(——おれはまだ、日常の世界にいると思っていた)

齋藤:(風間だって、子供のわがまま……思春期特有の反抗みたいなものだと、甘く見ていた部分が否めない)(おれは、甘かった。自分がまだ日常の世界の住人だと、無邪気に信じてた)

齋藤:(……認めよう。おれもう、こちら側の住人だ)(認めなければ、困った生徒を止められそうにない)「いいさ、おれ個人の想い等——いくらでも捨ててやる。おれはもう、日常には戻らない」

齋藤:——といって、ロイス;元同僚の女性を切ります!!

齋藤:「これで対等だろ?風間よォ!!」

GM:1d10+肉体回復どうぞ!

齋藤:肉体6だから、

齋藤:16回復しました。

GM:続いてイニシアチブ、神崎は待機

GM:神崎は待機したので、エピちゃんです!

神宮ゆうり:はい

神宮ゆうり:「……貴方は、私が止めます」

神宮ゆうり:〈マイナーアクション〉

神宮ゆうり:《ハンドレッドガンズ》+《ダブルクリエイト》武器作成

神宮ゆうり:〈メジャーアクション〉

神宮ゆうり:《コンセントレイト:ノイマン》+《マルチウェポン》+《コンバットシステム》

神宮ゆうり:いきます

GM:判定どうぞ!

神宮ゆうり:11dx+4@7DoubleCross : (11R10+4[7]) → 10[3,4,5,5,6,8,8,8,9,10,10]+10[1,3,4,5,8,10]+10[1,8]+1[1]+4 → 35

GM:ふむ、妖精の手などはOKですか!

神宮ゆうり:手……

神宮ゆうり:欲しいかも

:あとシナリオ中3回やで

神宮ゆうり:そっか

GM:100%なれば+1回

神宮ゆうり:……お願いしたい

:いいよー

GM:では、1dx@7で

GM:振ってください

神宮ゆうり:はい!

:「貴殿の信念、わしも些か手伝わせてもらおう」って妖精の手1回消費で

神宮ゆうり:1dx@7DoubleCross : (1R10[7]) → 3[3] → 3

GM:では達成値に+12ですね

GM:達成値47

GM:OKですか?

神宮ゆうり:おkです

GM:風間はスピードスターの効果でリアクション不可

GM:ダメージどうぞ!

神宮ゆうり:せやったこいつリアクション不可だった

神宮ゆうり:5d10+16DoubleCross : (5D10+16) → 21[5,4,6,2,4]+16 → 37

神宮ゆうり:「仮令嘘だらけの日常だったとしても……ゆうりは、記憶の中のゆうりは、嬉しそうでした。親からも、なにからも孤独な彼女にとって、風間くんが、及川くんが、なによりも大切な日常だった!!」

神宮ゆうり:「だから、貴方は私が止める! それが私が、ゆうりに出来ること。ゆうりの記憶を受け継いだ、この体でできること!」

GM:想いとともに、放った対の銃弾。

GM:それは、風間の肩を、脚を貫く。

風間朱理:「ぐっ……」

GM:彼は、剣を持ったまま、その場に膝をつきます。

風間朱理:「どうして……」

神宮ゆうり:「……風間くん」

及川深代:「……朱理」

及川深代:「帰ってこいよ、朱理。お前はまだ……」

神宮ゆうり:「『……あるところに、1匹の孤独な猫がいました。猫は、黒曜石より黒い瞳と、夜より黒い毛並みを持っていました。』」

神宮ゆうり:「『猫は、少女達に囲まれて、いつもいつでも1人きりでした』」

神宮ゆうり:「『ですが、ある日。明るい髪の少年が、猫を、助けてくれました』」

風間朱理:「——あ」

神宮ゆうり:「『猫は、猫です。化け物の子を、産まねばなりません』」

神宮ゆうり:「『だから、猫は。その少年への恋心を、そっと心の中に閉じ込めました』」

GM:風間は、静かに、目を見開きます。

神宮ゆうり:「『……時は流れ、猫は、死期を悟ります。化け物の子を産む為に、猫は自殺をしました』」

神宮ゆうり:「『猫は、消え行く命の中で、たったひとつ、後悔をしました』」

神宮ゆうり:「『……風間朱里に、告白しなかったことを』」

風間朱理:「————」

神宮ゆうり:「……これが、私の中の、ゆうりの記憶です」

風間朱理:「……神宮が、俺に」

神宮ゆうり:「はい。多分私は、貴方にこれを伝えるために、生を受けた」

GM:風間は、じっと、彼女の姿をした、彼女ではない、あなたを見ます。

風間朱理:「……だ、けど、俺は」

風間朱理:「だったら、俺は、この想いを、どこにぶつければいいんだよ……!」

風間朱理:「誰に、答えればいいんだよ……」

神宮ゆうり:「……私に、伝えてください。私はあの子の記憶の集合体。レネゲイドビーイング。……受け止めます、全部」

神宮ゆうり:「あの子の記憶も、貴方の想いも全て、私が受け止めます」

GM:風間はじっとあなたを見ます。微かに、揺れる目で。

神宮ゆうり:静かに視線を受け止めます

風間朱理:「——神宮」

神宮ゆうり:「……はい」

風間朱理:「……俺はずっと、嘘をついてきた。俺は人として生まれなかった」

神宮ゆうり:「……はい」

風間朱理:「だからずっと、自分は化け物だと思って……逃げていたんだ。自分が、怖かった」

風間朱理:「だけど」

風間朱理:「『私は、化け物だからね』って、笑うお前がいたから」

風間朱理:「大丈夫だと思ったんだ、化け物であろうと、人間であろうと——お前が、いるなら」

神宮ゆうり:「………」

風間朱理:「……俺の居場所は、お前の横にあった」

神宮ゆうり:「……はい」

神宮ゆうり:「それは、ゆうりも、です」

風間朱理:「……」

GM:風間は剣を落とし、ぎゅっと、自分の胸元を握ります。

GM:そこにある、なにかを、思い出そうとするように。

風間朱理:「神宮。俺は、お前のことが好きだ」

風間朱理:「ずっと、これからも、一緒にいる」

神宮ゆうり:「……『あぁ、私も、好きだ』」

神宮ゆうり:「『……ありがとう』」

風間朱理:「——なあ、エピゴーネン

神宮ゆうり:「……?」

風間朱理:「俺の立っていられる場所は、まだ……そこに、あるかな」

神宮ゆうり:「えぇ、あります。だって、ほら」後ろを向いて、皆に視線を向けます

齋藤:無言で頷きます

:「……人は何時まで経っても興味が尽きぬ故。たまには顔を出すとよい」っていってパタン

及川深代:「僕は、ずっとそのつもりでいたよ」と手を差しのべます

GM:風間は、及川を見上げて、その手をとります。

GM:強く、にぎって。

GM:風間は、神宮ゆうりへのタイタスを、昇華。

GM:1d10DoubleCross : (1D10) → 7

GM:HP14で、立ち上がります。

及川深代:「おかえり、朱理」

GM:ただいま——そう言いかけた風間を、乾いた拍手の音が遮ります。

GM:パチ、パチ、パチ。

神崎真琴:「素晴らしいものを見せてもらいましたよ」

神崎真琴:「ですが、風間くんがそちらに戻ってしまうのは、私にとっては非常に困ること」

神崎真琴:「あなたがたと、私。どちらが正しいか、証明しましょう」

GM:夕暮れを背に、彼女は剣を構える。

神崎真琴:「——風間くん、あなたはここで見ているといい」

神崎真琴:Eロイス【囚人の鳥籠】

GM:足元から、湧きあがるように、血が檻のようになって、風間を取り囲みます。

風間朱理:「っ、深代——」

GM:つないでいたはずの手がほどける。赤い檻の中へ。

神崎真琴:「……さあ、始めましょう」

:「………どちらが正しいか、か…そうさなあ、貴殿を「思う」という力をそこで見ておれ」ははは、って笑いますねえ

及川深代:「大丈夫、待ってて、朱理。僕たちは、僕たちが正しいと思うことをしてくるから」穏やかな声で言います。

:「……そうさなあ。さて、人間への興味も冷めやらぬこの扉。貴殿が「人類」であるのならば———…「我ら」の相手をしてくれるな?」

神宮ゆうり:「……今度は、必ず。想いの力なら、負けるわけがない!」

齋藤:「どちらが正しいか、ね。難しいことを言うもんだ」「大人は嘘をつく。おれも嘘をつく。けど大人だってな、正しいことがしたいんだ」

齋藤:「大人は嘘つきだけどな。正しいことがしたいってとこ、見せてやらなきゃならないんだよ」

齋藤:「だからあんたは——神妙に、おれに殴られとけ!」

GM:では——戦闘再開です。