読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙観測グループ

宇宙的恐怖の観測及び遭遇した場合の予測される被害と恩恵による人間の取るべき対策とそのための手順を練る会議を行う。

ひつじ卓DX3「正しさを乞う」 リプレイログ クライマックスフェイズ③

GMひつじ ダブルクロス 正しさを乞う

GM:さあ、次の手番は

GM:神崎ですね、自身の行動です

神崎真琴:「……私はもう、戻れない」

GM:神崎は目の前の、及川と先生に目を向けます。

齋藤:むむ

及川深代:「……」

神崎真琴:「確かに、私は化け物なのかもしれない。あなたたちよりも、はるかに」

神崎真琴:「けれど、私はこの力で、私の信じる正しさを貫くまで——」

神崎真琴:マイナー【絶対の空間】

齋藤:「気に食わないな。戻れないとか言ってんじゃねーぞ……!!」「お前なんかより、どう見てもおれの方が化物じゃねーか」「こんなおれでも、一般市民やってんだぞ……くそっ」

齋藤:と愚痴りつつ攻撃をくらいます

及川深代:「そう、それでいい。僕だって……」「いや、俺だって自分を信じなきゃやっていけなかったんだから」

神崎真琴:メジャー【コンセントレイト・BS】【渇きの主】【形なき剣】【血族】【完全なる世界】【要の陣形】

GM:判定いきます!

齋藤:はいな!

GM:8dx+5@7DoubleCross : (8R10+5[7]) → 10[1,1,2,4,5,7,7,8]+10[7,7,9]+5[2,4,5]+5 → 30

GM:ドッジダイス-2です!

齋藤:えーとじゃあ7dだから

齋藤:7dx+1 回避判定DoubleCross : (7R10+1[10]) → 6[1,1,3,3,4,6,6]+1 → 7

GM:では、ダメージロール

GM:4d10+43DoubleCross : (4D10+43) → 25[9,9,2,5]+43 → 68

及川深代:《崩れずの群れ》

GM:振り払われる剣を、身を挺して及川はかばう。

齋藤:「及川ッ!?無茶な……!!」

GM:血が、生命が、吸われる感覚

及川深代:「うっ……ぐ」

GM:渇きの主の効果で、HPが12点回復します

及川深代:弟のロイスを昇華してタイタスに。

GM:OKです!

及川深代:「もう、憧れるのはやめる」

及川深代:あの時の弟の影が被るように、立ち上がります。

及川深代:折れている方を覆っている布を破り、全力で神崎に向かいます。

及川深代:「これが……!」

及川深代:拳を振り抜く。

及川深代:「たとえ届かなくても、僕の想いだ!」

及川深代:5dx+12DoubleCross : (5R10[10]) → 10[2,5,7,7,10]+8[8] → 40

GM:まわった!

GM:イベイジョン……(絶望の領域されてる顔)

GM:ダメージロールどうぞ!!

GM:神崎はガードします!

及川深代:4d10DoubleCross : (4D10) → 14[2,9,1,2] → 14

GM:では、ガード値を差し引いて9ダメージ!

神崎真琴:「くっ…!」

齋藤:「生徒に庇われるとは……情けないなぁ、おれ」「いや、子供は成長するものか」「早いもんだな、全く……」と先生は苦笑します

齋藤:「ナイスだ及川、良いパンチだ」と及川くんb

GM:さあ

GM:とびらさん!!

:さて

:嵐を呼ぼうかな(することないし)

GM:嵐はメイン使わなくても

GM:イニシアチブで呼べますね!

:ですよね

:じゃあちょっと扉喋って呼ぶ!

GM:GO!

:「さて……わしも見ているだけではなあ」

:「……知っておるか?昔から悪さをする者には、かような方法でわしは罰しておってな」

:「…皆も、覚えがあるであろう?」

:そう言って《神格》使いますね

:雨雲が天を覆い、瞬く間に地は濃く彩られていく。

:扉の内側のような底知れぬ黒に空が覆われる。

:嵐だ。

:そう思うよりも早く、耳を覆いたくなるほどの雷鳴が響く。

:「これでは体育が潰れるどころではないか…はっはっは」

:雷は、龍のように空に描かれ。

: 

:って感じかな!

GM:bbb

GM:嵐に飲まれ、雷に打たれた血の爆弾は、爆発することなく消し炭となります!

GM:さあ

GM:先生の手番!

齋藤:喋って

齋藤:はいでは

齋藤:まずマイナー

齋藤:下半身だけ完全獣化!

齋藤:ぎゃおーん

齋藤:で、ロイス切ります

齋藤:「風間なー、お前なー、生き急ぎすぎなんだよ」

齋藤:「そりゃーお前は、幼い頃からUGN暮らしだからな。そりゃー俺より、ひどい現実を見てきたんだろうよ」

齋藤:「だからってな。大人が、現実の皆が、嘘ばかりついてるって思うのは早計だよ」

齋藤:「大人だってな、正しいことがしたいんだ」

齋藤:「だから——認めてやる。お前はもう、おれの生徒じゃない。お前は、おれと同格の、大人だ」

齋藤:「対等な友人として、おれの背中を見ろ」

齋藤:「いいか。お前はもう子供じゃない。その目で、よく見て、考えるんだ」

齋藤:「先生の最後のインストラクションだ……よーく見とけよ!!」

齋藤:そんな感じで風間くんのロイスを切ります

GM:どうぞ!

齋藤:でC値-1

GM:判定どうぞ!

齋藤:《コンセントレイト》+《サイバーアーム》+《獣の力》+《神獣撃》

齋藤:16dx+13@6 完全獣化+獣の力+コンセントレイト+神獣撃+水晶の剣 《なんか超すごいビーム》 侵蝕率+6 攻撃力+6d+21+6DoubleCross : (16R10+13[6]) → 10[1,1,2,3,3,3,4,4,5,5,6,7,7,8,9,10]+10[1,2,2,6,6,10]+10[3,6,7]+1[1,1]+13 → 44

齋藤:もう一発、濃縮キュマイラビームだ!!

齋藤:ぼちぼち

GM:妖精の手投げます?

GM:神崎は再び、剣を構えます!

:投げる?あと2回使えるよ

齋藤:妖精の手……

齋藤:では、お願いします。

神崎真琴:「……倒れはしない」

:ほいよ

GM:1dx@6で振ってください!

齋藤:1dx@6DoubleCross : (1R10[6]) → 10[9]+10[6]+3[3] → 23

GM:達成値66!

GM:ダメージどうぞ!!

齋藤:扉様のおかげでだいぶ周りましたね

齋藤:13d+27DoubleCross : (13D6+27) → 32[2,1,3,1,6,1,5,4,1,1,3,3,1]+27 → 59

齋藤:「もらっとけ!!濃縮キュマイラビーム!!」

神崎真琴:「……我が僕よ、盾となれ!」

GM:従者A,従者Bは【身代わりの弾幕

GM:ダメージを合計40軽減しますーー