読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙観測グループ

宇宙的恐怖の観測及び遭遇した場合の予測される被害と恩恵による人間の取るべき対策とそのための手順を練る会議を行う。

ひつじ卓DX3「正しさを乞う」 リプレイログ クライマックスフェイズ④

GMひつじ ダブルクロス 正しさを乞う

神崎真琴:「…正しき世界のために」

神崎真琴:「私は、ここで倒れるわけにはいかない——」

神崎真琴:マイナー【絶対の空間】【縮地】【血の祝福】

齋藤:「……ッ!!タフすぎんだろ……!!いくらなんでもキツイぜ」とぜぇぜぇしながら腰をさすります

神宮ゆうり:「……なぜ……そこまでして……」

GM:神崎は縮地により、

GM:エピちゃん達に接敵します!

神宮ゆうり:上等だ!!!

GM:そして、血の祝福により従者を剣に吸収!

GM:攻撃力をあげます!

神崎真琴:行動値0による最後の行動!

神宮ゆうり:「……貴方の覚悟も、本物ですね。尊敬します。だからこそ、私も負けるわけにはいかない!」

神崎真琴:【コンセントレイト・BS】【渇きの主】【形なき剣】【血族】【完全なる世界】【要の陣形】

GM:対象はエピちゃん、扉さん!

神宮ゆうり:孤独の魔眼使用します

GM:カウンターはできないけど、かまわない?

神宮ゆうり:いいよ

神宮ゆうり:「……扉さんだけは、絶対守ります」

:「……!おぬし、」

:「なぜ人はこうまで身を挺せる…?」

神宮ゆうり:「無機物だからとか、化け物だからとか、関係ないの。私は守りたいと思ったから、守る」

神宮ゆうり:「……命にかえても」

:「……そうか。それもまた一興。貴殿の「意志」しかと受け止めよう」って拒んだりはしないです。

GM:では

GM:判定いきます!

神崎真琴:「ならば、まずはあなたから——!」

神宮ゆうり:「扉さん、ありがとう。何も分からない私を、UGNに入れてくれて」

GM:11dx+5@7DoubleCross : (11R10+5[7]) → 10[1,2,2,4,5,5,6,7,8,9,9]+10[1,5,7,7]+2[2,2]+5 → 27

神宮ゆうり:回避

神宮ゆうり:5dxDoubleCross : (5R10[10]) → 10[2,5,7,10,10]+5[2,5] → 15

神宮ゆうり:くっ

GM:命中、ダメージ行きます

GM:3d10+55DoubleCross : (3D10+55) → 17[6,8,3]+55 → 72

GM:命中で12点回復!

神宮ゆうり:……神宮ゆうり(故)のロイスをタイタスへ!

神宮ゆうり:「……ゆうり、言えたよ。貴方の気持ち。全部受けとめた。だから」

神宮ゆうり:「私は、もう、貴方を模倣することをやめます」

神宮ゆうり:「私は、私になる」

神宮ゆうり:1d10DoubleCross : (1D10) → 9

神宮ゆうり:9点回復ですね?

GM:9+肉体だから

GM:10点かな?

神宮ゆうり:わかった、ありがとう

神崎真琴:「……それが、あなたなのですね」

神宮ゆうり:「……はい、そうです」

神崎真琴:「………私は、間違っていたかもしれない。あなたのようなレネゲイドビーイングを、私は初めて見ました」

神崎真琴:「こんなにも、人間と同じとは、思いもしなかった」

神宮ゆうり:「……私は、化け物です。しかし、人間です」

神崎真琴:「……だけど、遅すぎた」

神宮ゆうり:「自分は人間だと思えば、誰だって………」

神崎真琴:「……私は人間です。けれど、あなたのように、強くはなかった」

神宮ゆうり:「………」

神崎真琴:「……こんな力があろうと、人間でいることが、できなかった」

神崎真琴:「裏切り者は、きっと、私の方。それを今、ようやく知ることができた……」

神宮ゆうり:「……終わり、ですか」

神崎真琴:「……きっと私は、あなた方に負けるでしょう」

神崎真琴:「ですが」

神崎真琴:「それならば私は、最後まで、私の信じた正しさを貫く」

神宮ゆうり:「……そうですか、ならば私は、それを受け止めましょう」

GM:次ラウンド、なにかありますか!

GM:セットOK

齋藤:なしです!

神宮ゆうり:なし

:なしですな…?

GM:イニシアチブで、神崎は【加速する刻】!

神崎真琴:「この一撃で、全て、沈みなさい——」

GM:彼女が天に剣を掲げる——同時に、足元に撒き散らされた血が、全て剣の形をとります。

神崎真琴:マイナー【絶対の空間】

神崎真琴:【コンセントレイト・BS】【渇きの主】【形なき剣】【血族】【完全なる世界】【拡散する世界】

GM:拡散する世界により、射程が視界、対象がシーン選択になります

GM:HPを20消費

GM:判定前、何かありますか!

及川深代:「僕は、大切な人を守れるのなら自分はどうなってもいいと思っていた。でも……みんなが守りたい日常は、きっと誰一人として欠けちゃいけない未来なんだと思う。だから、朱理も、神宮さんも、先生も、扉さんも、僕自身も、全員守ってみせる」

及川深代:両の魔眼を全開で行きます!

及川深代:《時の棺》

GM:——世界が止まる、一瞬。

GM:形作られた剣は液体へと戻り、もう二度と、動くことはない。

神崎真琴:「——!」

神崎真琴:「ふふ……そうか、そうだったのですね」

及川深代:きっ、と睨みます。

神崎真琴:「あなたには、こんなにも、仲間がいる……」

神崎真琴:「……決着を、つけましょう」

GM:彼女自身の行動となります!

神崎真琴:「誇り高きレネゲイドビーイングよ。銃を構えなさい」

神宮ゆうり:「………いいでしょう、受けて立ちます」構えます

神崎真琴:マイナー【絶対の空間】

神崎真琴:メジャー【コンセントレイト・BS】【渇きの主】【形なき剣】【血族】【完全なる世界】

神崎真琴:対象は、エピゴーネン

神宮ゆうり:カウンターします

GM:今回は先に判定をしましょう、こちらが

GM:いきます……

神崎真琴:19dx+5@7DoubleCross : (19R10+5[7]) → 10[1,1,1,2,2,2,3,3,3,3,3,4,4,6,6,7,7,8,9]+10[4,9,9,10]+10[3,7,7]+10[6,7]+5[5]+5 → 50

神崎真琴:「これが——私の想い」

 

神宮ゆうり:《カウンター》+《コンバットシステム》+《コンセントレイト:ノイマン》+《マルチウェポン》

神宮ゆうり:12dx+16@7DoubleCross : (12R10+16[7]) → 10[3,3,4,4,5,6,6,6,6,7,10,10]+10[7,7,9]+10[2,10,10]+6[5,6]+16 → 52

 

GM:交叉する、剣と銃。

GM:血の剣の切っ先は、あなたに届く寸前で、止まっている。

GM:そして、あなたの放った銃弾は、

GM:彼女の胸を、貫いていた。