読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙観測グループ

宇宙的恐怖の観測及び遭遇した場合の予測される被害と恩恵による人間の取るべき対策とそのための手順を練る会議を行う。

ひつじ卓DX3「正しさを乞う」 リプレイログ エンディングフェイズ①

GMひつじ ダブルクロス 正しさを乞う

 ~エンディングフェイズ~

GM:シーン15:日常

GM:シーンプレイヤーは扉さんです!

:パタン

GM:あれからなんだかんだも終わり、教室に戻ってきましたね。

GM:まだ冬休みですが、外からは子どもたちの元気な声も聞こえています。

:「よいよい、人の子は実に愉快だ」ってしてます

GM:そんなあなたは、この間の面々から、ある場所へ行かないかと誘われているのですが……

:ほむん

:…行きましょう!

:ガタガタガタガタガタ

GM:OK! ではまたあとで、合流することにして

GM:ガタガタガタガタ!

:はーい!

 

GM:続いて、シーンプレイヤーは及川くん!

及川深代:はい!

GM:君は今日、風間たちと出かける約束をしているわけだけども……

及川深代:けども!

GM:風間から連絡が入ったね。支部集合のはずだったんだけど、なんでも家の前まで来てるらしい。

及川深代:(嬉しい)

GM:すぐ出ます?

及川深代:今日は折れてる腕の奴なしでいくのですぐ出ます!

及川深代:「や、朱理」

風間朱理:「よ、深代…って、腕が折れてない!?」

及川深代:「今日は身軽になりたいからね。くっつけた」

風間朱理:「さすがエグザイルは違うねぇ。しっかし、腕が折れてないのは斬新だな」

及川深代:「それじゃあ、向かいますか」

風間朱理:「おうよ……あ、そうだ」

風間朱理:「あのさ、深代」

及川深代:「うん?」

風間朱理:「……ありがとな」

及川深代:「……うん」

及川深代:「僕の方こそ」

及川深代:「……独りだった僕に手を差し伸べてくれた。そんなことができる朱理をかっこいいって、そう思って憧れたんだ。追いかけて、追いかけて、追いかけて……ようやく追いついた。一緒に行こう、親友(あかり)」

風間朱理:「……ああ。もちろん。これからも背中は任せるよ、親友!」

GM:ではこんな感じで?

及川深代:ええ

及川深代:ありがとうございます!!

 

GM:次のシーーン!!

GM:シーンプレイヤーはエピちゃん!

神宮ゆうり:お

GM:ですがこのシーン、ほかの皆さんも登場可能です!

神宮ゆうり:ほう

GM:目的の場所、ですからいる方が自然かもですね

齋藤:むむ

:あ、じゃあいるわ

及川深代:お、なるほど

齋藤:でておきます

及川深代:自然に集まるみんな

及川深代:素敵

GM:そこは、「神宮ゆうり」の墓前です。

齋藤:背筋を伸ばします

GM:エピちゃんにはきっと、報告することがあるかな、って思います

神宮ゆうり:「………ゆうり」花を添えます

神宮ゆうり:「……私は、貴方が死んでからずっと。私の生まれた意味を探していた」

神宮ゆうり:「どうして、私が生まれたのか。誰も答えはくれなくて、ただ偽物と呼ばれていた」

神宮ゆうり:「……あのね、ゆうり」

神宮ゆうり:「『私は、化け物だからね』……貴方はずっとそう言ってきた」

神宮ゆうり:「そうやって、自分のほんとうの心にまで蓋をして、化け物として生きた」

神宮ゆうり:「でも、私は。貴方は素晴らしい人間だったと思う」

神宮ゆうり:「だって、私は。貴方の記憶から生まれた私は」

神宮ゆうり:「人間、だもの」

神宮ゆうり:「……ありがとう、ゆうり。貴方のお陰です。私は、私として生きていくよ」

神宮ゆうり:「貴方のぶんも背負って」

神宮ゆうり:祈ってから、立ち上がります

GM:空は青く、微かな風に雲は流れ。

GM:あなたのマントがなびきます。

GM:一人の人間であるあなたの、髪を揺らし、風は過ぎ去っていきます。

 

GM:では、シーンプレイヤーは、先生です!

齋藤:えっ

齋藤:まだあったのですか

齋藤:どきどき

GM:????

GM:先生エンディングやってない?

齋藤:黙ってエピちゃん見つめてたから……

GM:先生は神宮ちゃんに報告することもあった、かな?

齋藤:はいはい!やります!

GM:どうぞー!

齋藤:場所はどこですか?

GM:そうですね、報告を終えた皆さんなので

GM墓所から立ち去って、って感じですね。

齋藤:じゃあ帰り道かな

GM:これからあなたは、エージェントとしての暮らしに戻っていくことでしょう。

GM:新しい、あなたの日常に。

齋藤:「なあ、神宮」

神宮ゆうり:「……なんでしょう、先生」

齋藤:「……いや。野暮かな。なんでもない。忘れてくれ」

神宮ゆうり:「……そうですか」

齋藤:「ただちょっと、子供が大きくなるのは早ぇなーって思ったのさ」

神宮ゆうり:「………?」

齋藤:「おーい風間!」と風間を呼びつけます

風間朱理:「はーい! なんですか先生?」

齋藤:「お前、おれの目を見ろ」と顔をめっちゃ近づけます

風間朱理:「ん、え? どうしました?」

齋藤:「おれのいいたいことはわかるな?いいか?泣かしたら殺すからな?ん?あーーん?わかったな?わかったといえ?」と風間の頭を両手で掴んでぶんぶん振ります

風間朱理:「うーわーーーーー!? わ、わかってます、わかりました!!!」

神宮ゆうり:「先生、危ないです」

齋藤:「よし、いい子だ」

神宮ゆうり:「……大丈夫ですか、風間くん」

風間朱理:「はは、大丈夫大丈夫……っとと、くらくらする……」

神宮ゆうり:「ならよかったです」

齋藤:「及川!お前もにやにやしてないで、頼んだぞ?」

及川深代:「先生の方が危なっかしいですよ」

齋藤:「おれも嫁さん欲しいな……」とぼそっと

齋藤:「よし!扉さん、飲みに行きましょう!」と扉さんにからみながら

:「ははは………150年独り身を経験してから泣き言はいうとよい」

及川深代:「え、扉さんって酒飲むの」

齋藤:「お、いいですねぇ。150年分の愚痴、ぶっちゃけちゃいましょうよ!」

:「では、ぬしが生徒のいない教室でぼやいていたことも喋ってしまおうか」

齋藤:「……そ、それは勘弁」

:「はっはっはっ」

齋藤:「よーし飲み会だ!!副支部長にもらったクレジットカードのあまり、パーッと使っちまおうぜ!!」

齋藤:「おう未成年どももつきあえ!オレンジジュースでいいからな!さーいくぞー」

及川深代:「……先生、もう酔ってない?」と小声で朱理に。

風間朱理:「わかる」

神宮ゆうり:「………ふふ」

齋藤:そんなかんじで

齋藤:先生はおわりです

GM:最高でした

GM:ではーー

GM:このあたりでーーー

神宮ゆうり:はーい

GM:「正しさを乞う」閉幕でございますーーー!!