読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙観測グループ

宇宙的恐怖の観測及び遭遇した場合の予測される被害と恩恵による人間の取るべき対策とそのための手順を練る会議を行う。

ひつじ卓DX3「正しさを乞う」 リプレイログ オープニングフェイズ①

GMひつじ ダブルクロス 正しさを乞う

 ~前会話~

おはよー

GM:おはよーーーー

神宮ゆうり:おはよ

及川深代:おはようございますす

齋藤:おはようございます!

GM:そわそわ

神宮ゆうり:そろったね!!

GM:め

齋藤:(始まるまで土下座しておこう)

齋藤:(ひつじ様への感謝の礼拝)

齋藤:(ひつじ様ーーーーーGMありがとうございますーーーー)

及川深代五体投地

GM:はじめます? ます?

齋藤:(わたしはじゅんびおっけーであります)

神宮ゆうり:準備できてるよ!

:わしもー

及川深代:おっけーです!!

GM:それでは、ダブルクロス3rd

GM:「正しさを乞う」始めていきたいと思います!

GM:皆さんつたないGMではありますが、よろしくおねがいします!

神宮ゆうり:よろしくお願いします!!

及川深代:よろしくお願いします!

齋藤:よろしくお願いします。

:おねがいしますー

 ~オープニングフェイズ~

GM:シーン1:≪先生≫

GM:最初のシーンプレイヤーは先生ですね

GM:11月も終わりのある日、あなたはいつものようにUGNの支部があるビルの、地下駐車場を警備していた。

GM:この駐車場はUGN専用で、限られた人間しか入ってくることはない。間違えて入ってくる、ということも、地上で止められるために基本的にない。

GM:そのため、あなたの仕事は警備というより、ここに来る人間を迎え入れることだ。あなたの背後にある入り口は、UGNにとっては秘密の通用口にもなっているのである。

齋藤:「駐車場の平和は、俺が守る!」

GM:今日は、特に今のところ誰かが来る予定も、気配もない。

齋藤:(暇だ……)

GM:そんなおり、ふと、背後でドアが開く音がした。振り向くと、そこに立っていたのは見知った顔だ。

齋藤:誰かしら?

風間朱理:「先生」

GM:風間君ですね

齋藤:「おお、風間!」

齋藤:呼び捨てです

風間朱理:「調子はどうですか?」

齋藤:「お陰様で退屈なくらいだよ。こんな仕事を回してくれたUGNには感謝してる」

風間朱理:「それはよかったっす」

齋藤:「こんな顔で教師は難しいからなぁ」

風間朱理:「教師時代の先生、いい先生だったのになぁ」

風間朱理:「もったいないですよ、ほんと」

齋藤:「はっはっは、ありがとう。だが今はこうして、風間立ちの仕事に少しでも役に立てるのはうれしいよ」

風間朱理:「ふふ、そうですね。俺もまさかこんな形で再開するとは思ってもいませんでした」

齋藤:「こんな非日常の世界で、俺たち一般市民を守るために、お前はがんばっていたんだなぁ……」(しみじみ)

齋藤:「まったくだ。こんな形で再会するなんて」

GM:と、そんな感じで話をしていた時のことです。

GM:コツ、コツ、コツと、足音がした。

風間朱理:「……?」

齋藤:「ん、来客かな」

GM:風間は表情を消す。そうすると、子どもの時とは違う、寂しげな顔になる。

GM:地下駐車場に、車ではなく、歩いて入ってくる人物——あなたは、もしやと思うかもしれない。

GM:来客か、それとも。

GM:近づいてきた人物、それは——

GM: 

GM: 

GM:「————神、宮?」

GM: 

GM: 

GM: 

GM:風間の声が小さく、響いた。

GM:ここでシーンカットです!

齋藤:はい!!

GM:先生はここで神宮、もといエピちゃんと会うことになります。

GM:エピちゃん側からも同様ですね。

神宮ゆうり:ふむ

齋藤:はいな!

GM:エピちゃんはその後、UGN支部で保護され、また事情から、そとには勝手に出歩かないように、って感じになります

神宮ゆうり:ほう

齋藤:顔合わせ完了!

GM:(事情についてはエピちゃんのハンドアウトで書いた襲撃です)

神宮ゆうり:(なるほど)

齋藤:(襲撃……?)

GM:さて、それから、しばらくの時が流れました——

 

GM:シーン2:≪コレクター≫

GM:時はうつろい、いまは12月の終わり、冬休み時期。

GM:ここは小学校の、とある教室です。

GM:シーンプレイヤーはー、扉さん!

:いえっさ!

GM:登場お願いしますー

:(´・ω・`)

GM:めめ

GM:子どもたちのいない教室で、あなたは一人佇んでいる……のかな?

GM:そこに、人影が一つ、ふらりと現れますね。

GM:子どものようですが、全くもって子どもではない、あなたよりもはるかに長い時を生きた存在だと、あなたは知っています。

プランナー:「こちらにいらっしゃいましたか、名もなき同胞」

GM:プランナー……都築京香。レネゲイドビーイングの組織、「ゼノス」のトップにして、遥か太古から人間と接触してきた、世界最古の独立型レネゲイドビーイング

GM:扉さんも知っていることでしょう。

:「おお都築か。…人の時間でいえば久方ぶりになるか?」

プランナー:「そうですね。ですが、その時間の積み重ねこそが、我々のプランの実現へとつながるもの」

プランナー:「今日は、あなたにお願いがあってまいりました。この街に潜伏しているという、≪コレクター≫と呼ばれるFHエージェントを探し出し、処理してほしいのです」

:「ふむ。ただの扉に出来うることは実に少ないが……ちょうどいい。今は〖冬休み〗なる期間でな…」

:「暇を持て余していてな。よかろう、引き受けるぞ?」

プランナー:「ありがとうございます。それでは、≪コレクター≫についてお話します」

プランナー:「彼か、彼女かはわかりませんが、≪コレクター≫は同胞たち……レネゲイドビーイングを次々と襲い、抹殺しています。このままでは我々のプランに大きな支障が生じるだけでなく、あなたにも危害が及ぶかもしれません」

GM:(読みづらいな、申し訳ない)

:だいじょうぶよー

:「ふむ。抹殺とは穏やかではないな」

プランナー:「ええ。おそらくこの事態、UGNも黙認はできないでしょう」

:「彼、彼女ということは…………人か!」

プランナー:「彼らと協力し、≪コレクター≫を処理すること、お願いいたしますね。詳しい情報までは

プランナー:掴めていませんが、人間であること、血を操る事から、ブラム=ストーカー発症者であろう、ということはわかっています」

:「よいよい、人の行うことには興味が尽きん。それだけわかれば十分だ。こちらでも調べ、ゆるりとわしの内側に招けるよう善処いたそう」

プランナー:「そう言ってくださると思いました。それでは、失礼させていただきます」

GM:一言置くと、プランナーは姿を消します。

:ではそれを見送って(?)から

:「さて、UGNに行かねばならぬな…」

:とガタガタガタガタ教室から外れますね

GM:がたがたがた!!

:ガタガタガタガタ!

GM:では、このあたりでシーン終了といたします、UGNに向かう感じでOKですか?

:不可視の領域のままガタガタ向かいましょう

GM:ごーごー!

:ゴーゴー!

GM:といったあたりで、シーン終了です、おつかれさまです!

:はーい